プロフィール

はじめまして、グローセルの小長谷一行(こながやかずゆき)と申します。

呼び名は、「こながや」。
1990年生5 月18日生。静岡県島田市出身。

卒業後は、製造業者として働く日々を過ごし、
数々のビジネスに手を出して失敗を繰り返しながら、
現在は、Amazon転売ビジネス一本で生活をしている。

サラリーマン時代は、働き過ぎて体が悲鳴をあげていました

私は、製造業者として、従事する日々が数年経過したある日、過労とストレスで、
鼻血を吹き出し、腱鞘炎になったことがあります。

当時の労働時間は、裕に10時間を超えていて、
夜勤も当たり前のようにする日々で、完全なるブラック企業でした。

私は、気づくと、精神的にも肉体的にも限界を超えてしまいがちで、
もうダメだ。。。と思うと、よく鼻血を出していました。

これが私のSOSサインだったわけで、鼻血が出る日々が、ずっと続いていたのですが、
しかし、これがAmazon転売をするきっかけにもなったのです。

数々のビジネスに挑戦するが、失敗。中国輸入転売でも一度離脱

21歳の頃から、世界一周旅行という夢を持ち、まずすべきことは
何かと考えた結果、時間的な自由や金銭的な余裕の事も考え、

起業すべきだと思い立ち行動しはじめましたが、
当時は、21歳で、多重債務者でもあった私は、返済に追われ、
できるわけもなくネットワークビジネスやアフィリエイトをし始めます。

しかし、当時は何をやってもうまくいかず、
資金も危うくなってきたので、短期バイトを転々とする日々。

当時は、超円高で、中国輸入転売が流行し、最大のビジネスチャンスになったのですが、
仕入れ商品が届くのが遅かったため、資金繰りに困り、敢なく離脱。

しかし、稼げなかったわけではないので、
ここでAmazon転売の可能性を感じるようになります。

Amazonの国内転売で一発逆転

25歳の時に国内転売と出会い、僅か1ヶ月で売上140万円を達成

その1年半後には、売上300万円を達成し、
年間2600万円の売り上げをあげる
までになりました。

現在では、平均で、コンスタントに売上250万円(粗利50万円程度)をあげています。

いままでうまくいかなったのに、
Amazonの国内転売はどうしてかとんとんとうまくいってしまったのです。

そして、借金も返すことができるようになったし、
時間的自由が増えていきました。

体調が悪い時に無理して出勤をしたりすることもなく、
寝たい時に寝れますし、家族が何か合った時には、
すぐ対応できるようになったのも
月の仕入れ期間がだいだい10日くらいで済んでしまうから。

趣味のバイクでは、平日真っ只中、
観光地にツーリングに行くことができています。

土日なら渋滞になっている場所も、
平日ならかなり空いていて、ストレスも貯まりません。
おいしいお店へ行っても、待ち時間なく入ることができます(笑)

21歳の時に起業しようと思ってから、紆余曲折ありましたが、
私は現在の生活を手に入れることができて良かったと思っています。

是非、あなたも海外に目を向ける前に、国内市場で慣らしてみてくださいね。

人生初の海外旅行は、バンコクとマレーシア

Amazonの国内転売でお金と時間を手に入れてから、
生まれてはじめて海外旅行に行くことができたことは、今でも忘れはしません。

バンコクでは、ご飯が本当に美味しかったですし、
マレーシアの観光も、多種多様な人種に会えて、自分にとっては最高の経験でした。

私は、高校卒業で、元工業勤務から今こうやって大逆転して、
比較的自由な生活が送れています。

私でできて、あなたにできないわけがないと思うので、
是非、自信をもって貰えればと思います。