Amazonで物販を行っていると、どうしても売れない商品がありますよね。

あなたの仕入れた商品の中にも一つや二つは、なかなか売れない商品があると思います。

  • 今まで売れていたのに突然売れなくなった
  • 新規出品した商品がなかなか売れない
  • Amazonで商品がしっかり売れる方法が知りたい

そんな方のお悩みを解消していければと思います。

商品が売れないのには、必ず理由があります

今回は「Amazonで売れない時に疑うべき5つの理由」をご紹介しますので、あなたの商品がなぜ売れないのかを徹底的に、考えていただければと思います。

また、対策方法もお話させていただきますので、ぜひ参考にしてください。

Amazonは、年々市場規模を拡大し、私たちの生活になくてはならないプラットフォームへと成長を遂げました。

りょうりょう

Amazonで安定的に商品を売ることができればあなたのビジネスは成功したも当然です。ぜひ最後までお付き合いください。

Amazonで商品が売れない時に疑う5つのこと

では早速、Amazonで売れない時に疑うべき5つについて紹介していきます。

  • リサーチは適切だったか
  • 季節を外していないか
  • 価格は適切か
  • 商品ページは作り込まれているか
  • 評価が低くないか

一つずつ解説していきますのでご確認ください。

リサーチは適切だったか

中国輸入などの物販を行っていく上で、最も重要なのは「リサーチ」です。

リサーチで売れるか売れないか、全てが決まると言っても過言ではありません。

まず、あなたの商品が売れなかった場合は、リサーチが適切だったかを確認しましょう。

そもそも売れる見込みのない商品を販売している場合、これから行う各施策が無駄になってしまう可能性もあります。

  • 商品のランキング
  • ライバル商品のリサーチ
  • 商品の市場規模
  • セラー(競合)のリサーチ

上記をもう一度冷静にチェックしてみてください。

もし、リサーチの結果、売れる見込みがないと判断されれば「損切り」を行うことも考えておきましょう。

季節を外していないか

商品には

  • 売れる季節
  • 売れない季節

があります。

中国輸入ではアパレルを取り扱う事も多いのですが、半袖のTシャツを冬に仕入れてしまっても、なかなか販売は難しいですよね。

アパレルの場合は分かりやすいですが、電化製品やアクセサリーにも売れる時期、売れない時期があります。

また、1年間を通して、よく物が売れる時期、売れない時期もあります。

物販では2月と8月は特に物が売れない月だと言われています。

また、5月、6月もなかなか売れないですね。

季節的な要因もあると思いますし、ショッピング以外に消費をする機会が多いことも、理由の一つだと考えられます。

逆に12月、1月の年末年始は、財布の紐がゆるゆるになり、物が飛ぶように売れます

セールも多くありますし、季節的なイベントも手伝ってこの結果になるのでしょう。

このように消費の流れを把握しておくと、あなたの商品が

  • 本当に売れない物なのか
  • 売れる季節を外しているだけなのか

などが分かりますね。

価格は適切か

商品が売れない場合、価格を見直しましょう。

物の価値は常に変動しています。

先ほどの季節商品もそうですが、適切な価格設定になっているかが物販では非常に重要です。

他のセラーさん達が商品の価格を下げていて、あなたの商品だけ取り残されている場合もあります。

小まめに商品の価格をチェックし、適切な状態にしておく必要があるのです。

商品ページは作り込まれているか

売れないと悩んでいる商品の紹介ページはしっかり作り込みはされていますか?

購入してくださるお客様は商品ページをしっかり見ています。

  • この商品を買っても大丈夫かな?
  • ちゃんとした物が届くかな?

ネットで商品を購入する場合、店頭のように手に取って確認することが出来ませんので、慎重になりますよね。

お客様は安心して、商品を購入したいのです。

商品ページの…

  • 商品写真
  • 商品の紹介文
  • 丁寧な口コミへの対応

などなど作り込みは必須です。

なかなか売れない場合は確認してみましょう。

評価が低くないか

Amazonでは口コミや評価がとても重要です。

あなたも何かを購入する際に評価を気にしませんか?

商品がなかなか売れない場合、あなたの商品の評価が低くなっていないか確認しましょう。

もし悪い評価が付いてしまったとしても、そこは真摯に対応してください。

Amazonのコメント機能を活用して、返品保証の対応や謝罪を行いましょう。

りょうりょう

セラーとしての信頼が保たれれば、お客様は安心することができますので、挽回できる可能性があります。

amazonで売れない時にやってみる7つのこと

ここからは、アマゾンでなかなか売れない時に行う対策方法を7つご紹介していきます。

  • 画像を入れ替えてみる
  • 説明文を考え直してみる
  • 価格の見直し
  • 小口だった場合は大口に変えてみる
  • 広告を出してみる
  • FBAを利用する
  • ジャンルの絞り込み

それぞれ解説していきますね。

画像を入れ替えてみる(商品画像を撮りなおす)

なかなか商品が売れない場合は、商品の画像を入れ替えてみましょう。

トップの画像がよければ、お客様はその商品に興味を持ち、商品ページまで見てくれます。

逆を言えば、商品画像に惹かれないと中を確認すらしません

魅力的な画像に入れ替えることで、商品ページの閲覧数を増やす事ができます。

そのために新しく商品写真を撮り直してもいいでしょう。

よく売れている同ジャンルの写真などを参考にしてみてください。

これだけで、いきなり売れるようになることも珍しくはありません。

説明文を考え直してみる

商品の説明文も、よく売れている商品を参考に考え直してみましょう。

基本的な商品の概要以外にも、以下を意識すると魅力的な商品ページの説明文になります。

  • 簡潔な文章を心がける
  • 商品の良い点、悪い点を記載する
  • 購入者の不安を解消できるようにする
  • 商品の魅力を伝える

長々と文章を書いても読んでもらえないので、完結に必要な情報だけを記載するようにしましょう。

価格の見直し

売れない場合は、価格の見直しを行うのが一番即効性があります。

適正価格をリサーチして、ライバルセラーの価格を参考に見直しをしてみましょう。

赤字になってしまっては意味がないので、利益計算も忘れずに行ってくださいね。

小口だった場合は大口に変えてみる

Amazonには

  • 小口出品
  • 大口出品

があります。

小口で出品している場合は、大口出品に切り替えてみましょう。

小口出品では、

  • 販売手数料
  • 基本成約料

などがかかる代わりに、月額費用がかかりません

大口出品では、月額4900円利用料がかかりますが、Amazonのカートを取得しやすくなります。

カートが取れると成約率が格段にUPしますので、Amazonで物販を行うなら大口出品は必須ですね。

広告を出してみる

Amazonの広告を利用してみるのも一つの手です。

コストはかかりますが、商品がしっかり売れればペイできます

資金に余裕がある際は、積極的に活用して集客していきましょう。

FBAを利用する

FBA(Fulfillment by Amazon)とは、Amazonが商品の管理や配送、返品まで行ってくれる代行サービスのことです。

もしあなたがFBAサービスを活用していない場合は、すぐに検討してください

FBAを活用するメリットは以下の通りです。

  • 商品が届くのが早い
  • Amazon primeと表示される
  • prime特典の送料無料が活用できる

つまりFBAは便利なだけではなく、商品が売れやすくなるということです。

詳しくは以下のAmazon公式リンクより確認してください。

コストはかかりますが、商品を売れるようにするために必要な経費です。

ジャンルの絞り込み

Amazonでの物販を行う際は、一つのジャンルに特化すると商品が売れやすくなります。

専門業者としてのイメージがつき、お客様がリピートしやすくなるのです。

りょうりょう

また、日本人は専門家から商品を買いたいと考える方が多いので、ジャンルに特化しているとお客様が安心します。

そもそも売れないのはリサーチ力が足りないから

そもそも論になってしまいますが、商品が売れない理由はリサーチミスというのが一番の原因です。

売れない商品を売れるようにするのは非常に難しいので、しっかりと売れる商品を仕入れなければなりません

そのためには、リサーチ力を磨く必要があります。

「売れない理由」にも挙げていますが、

  • ライバルセラー
  • 商品のニーズ
  • 市場規模

などを把握し、売れる見込みがある商品を仕入れていきましょう。

りょうりょう

リサーチ力がアップして来ると、Amazonで商品が売れないという状態から脱出し、売れるセラーになることができますので、しっかりリサーチしていきましょう。

amazonで売れない商品にしないためのポイント

Amazonで売れない商品にしないポイントを3つ紹介します。

仕入れ個数を少なめにする

商品を仕入れる際に、個数を少なめに設定して様子をみるのもポイントの一つです。

特に初心者の場合は、いきなり沢山の在庫を抱えてしまうと、キャッシュフローが回らなくなります。

売れる確信を得てから、仕入れの量を増やしていきましょう。

すでに仕入れている場合は損切りもして不良在庫にしない

すでに、大量に仕入れをしてしまっている商品があれば「損切り」を行って、不良在庫を抱えないようにしましょう。

多少赤字になってしまう危険性はありますが、いつまでも売れない商品を抱えていても仕方がありません

また、Amazonでは「在庫保管手数料」も発生します。

長い目で見ると、早く売り切ってしまい、資金に回す方が効率がいいのです。

ライバル数のチェックもしっかりする

仕入れの際に、ライバルセラーがどの程度いるのかチェックをしましょう。

数が多すぎるところに後から参入しても勝率は低いでしょう。

りょうりょう

Amazonで勝てる市場を探すこともリサーチの一つです。

それでもAmazonで売れない場合は他のプラットホームを使う

Amazonは市場規模も大きく、チャンスが大きいプラットフォームです。

ですが、Amazonで売れない場合は、別のプラットフォームを検討してみると、意外と上手くいくこともあります。

  • ラクマ
  • メルカリ
  • ヤフオク
  • Yahoo!ショッピング
  • 楽天

などなど、プラットフォームによって購入者の年齢層が違いますので、Amazonで売れない商品でも他のプラットフォームですぐに売れてしまうことも十分あります。

Amazonに依存しない物販方法も確立しておくと、リスクを最小限に抑えることができます。

まとめ

Amazonの市場規模は年々、増加しています。

ですので、商品が売れない理由はあなたにあると考えるのが自然ですよね。

今回ご紹介した、以下の「Amazonで売れない理由」を見直して、販売につなげていってください。

  • リサーチは適切だったか
  • 季節を外していないか
  • 価格は適切か
  • 商品ページは作り込まれているか
  • 評価が低くないか

特に、リサーチ力は物販では必須です。

適当に仕入れた商品が売れることは、まずありません

りょうりょう

初心者のうちは何度も何度も、繰り返してリサーチ力を鍛えていきましょう。最後までお付き合いいただきありがとうございました。

私のコンサルが気になるあなたに...

オンライン面談のお知らせ


10個の有料級特典が貰える海外輸入ビジネス講座に参加する!

特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

月3名限定!大人気の中国輸入ビジネスのコンサルティング詳細はこちら!

ネットショップで年商1億円を目指すあなたへ!