こんにちは!黒川です。

2013年の超円高以降、中国輸入転売ビジネスが流行し、それに伴って、中国輸入の代行業者もかなり急増したのでは?と感じています。

ですが中国との取引ですし、

「どの代行業者がよいのか?」

と、ものすご~く悩むと思います。

黒川 亮黒川 亮

私もそのうちの一人で、中国輸入をしたいけど、代行業者が決まらず、見つからずで苦労しました。そこで今回は、私の経験をもとに、代行業者の選び方についてお伝えしていきます!

まず、中国製品を輸入する時の「流れ」を知ろう!

画像提供:http://ameblo.jp/chinawork/entry-12098356665.html

ここでは、簡単な流れをお伝えします。

あることに気付くと思いうので、必ず把握をしておいてください。

(輸入ビジネスの流れ)

  1. 中国輸入代行業者に注文をして、支払をする
  2. その代行業者が、中国の各ショップに注文、仕入れを行う
  3. そして代行業者が、検品して、日本へ発送をする
  4. あなたは商品を受け取るだけ

もうお気づきかもしれませんが、あなたが利用する代行業者が、中国のマーケットから仕入れて、検品もして、発送もしてくれるわけです。

これは、とてもありがたいですよね^ ^

もし、代行業者がいなければ、あなたは自分一人で、毎月買い付けに行かなければなりません(笑)

中国輸入代行業者に依頼をするメリットとデメリット

恐らく一番の壁は、言語の違いだと思います。

また日本人と価値観も大きく違います。

なので、代行業者がいないと、とてもじゃないですが、ビジネスを大きく展開していくことはは厳しいでしょう。

黒川 亮黒川 亮

まずは、中国輸入で代行業者を利用するメリットデメリットについてご説明していきます。

メリット

  • 中国語がわからなくても、頑張れば仕入れられる
  • 中国(イーウー)に毎月買い付けにいかなくてよい。代行してくれる。
  • クレジットカードが使って仕入れができる
  • うまくいけば、アマゾンのFBA倉庫に直送もできる

デメリット

  • 時々、中国語を日本語に翻訳するのがやや面倒
  • 二度、検品をする必要がある
  • 海外配送料や手数料が当然かかってくる
  • 中国政府の規制が入れば、事業停止に追い込まれる可能性がある

このように、代行業者を利用するメリットデメリットははっきりしています。

大事なのは、デメリットを許容して、中国輸入ビジネスをすることです。

これは、アマゾンの国内せどりもそうだけど、ビジネスには必ずデメリットがあるだろうし、リスクがないビジネスなんてない!

と思ってもらえれば幸いです。

リスクやデメリットを許容して、それらを最小限にできるかが、とても重要でしょう。

また中国本土と取引をするわけなので、中国の祝日や旧正月など、中国文化や価値観も勉強しないといけません。

ですが、それくらいやらないと、やっぱり中国輸入ビジネスで成功をおさめるのは難しいかな~と思います(>_<)

中国輸入代行業者を比較したり選ぶ際に、便利なサイトはある?

「中国輸入 代行 比較」と検索してみると…。

恐らく、タオバオ代行業者の比較サイトがいくつか見つかると思います。

今回は、その中から2つの比較サイトをご紹介します!

タオバオ代行の比較ナビ

http://xn--kcka5d7c415sr81e.biz/

まず1つ目が「ダオバオ比較代行の比較ナビ」というデザインがシンプルなサイトです。

ワードプレスの型も古く、最新のものではないですが、同じサイト運営者として、かなり作り込まれたサイトのように思います。

輸入業者の比較だけでなく、以下の内容にも触れていて、

  1. タオバオ代行業者をなぜ利用するのか?
  2. 支付宝(アリペイ)とは?
  3. タオバオでの評価の見方
  4. 淘宝网(タオバオワン)とは?
  5. タオバオの使い方

役に立つ内容が書かれてありますので、是非、参考にしてみてくださいね。

タオバオ比較

http://taobaohikaku.com/

次に紹介するのは、柴田光玲さんが、手掛ける「タオバオ比較」というサイトです。

こちらもきめ細かく書かれていて、非常に勉強になりました。

紫田さんは、タオバオ比較ニュースレター(無料)というメールマガジンを配信されているだけではなく、

書籍:「タオバオ&アリババ中国輸入はじめる&儲ける超実践テク114」

にも紹介されたりと実力もある方なので、代行会社を選ぶ時のポイントや騙されない為の注意点など、参考になると思います。

比較して選ぶ際のポイント

黒川 亮黒川 亮

続いては、代行業者を選ぶ際のポイントをお伝えしていきます。

1:手数料

基本的には、重要ポイントではありますが、個人的にはあまり重要視していないです。

これは手数料よりも、配送スピードを重視する販売者もいて、代行業社の中には、そういうニーズに応えてくれる会社もあるからです。

安ければよい?というわけでもないです。

なので、多少高くてもよいサービスを提供しているか?をチェックしてみるとよいです。

2:お問い合わせした時の、対応の質と早さ

これは、代行業者が、中国の業者に直接質問をしてくれますが、やはり対応の質と早さは、大事だと思います。

特に、スカイプやチャットが使える業者は直ぐに問い合わせができるので、お勧めです。

3:プラットホームや管理画面があるか

商品の注文、管理をする時に、代行会社専用のプラットホームや管理画面があることは、非常に重要です。

これは、向こうサイドが顧客管理をきちんとできているか?を意味します。

料金が、安いのも大事ですが、所謂、「箱」があって、状況をリアルタイムで知れる管理画面はあったほうが安心です。

4:アマゾンFBAに配送

あなたが、アマゾンで販売をする時に、ある一定の量を超えると、輸入代行業者が、アマゾンの倉庫(大阪)に直接送ってくれます。

ここで、料金の高低でなく、検品の質も非常に重要になってきます。

あなたは、検品しなくてよくなりますが、その分返品も確実に多くなりますし、多少料金が高くなっても、しっかり検品をしてくれる業者を選定するべきです。

ただ、この点に関しては、トライ&エラーを繰り返しながら、代行業者とのやりとりや継続した関係が大事になってきます。

5:配送手段が豊富になるか否か

配送手段は、EMSで送るのが通常です。

ですが、さらにコストを下げるために、民間の配送業者(UPS、FedEX、DHL)や、船便(エコノミー航空(SAL)便)さらに、コンテナ(LCL、FCL)の手配までしてくれる会社もあります。

これは、事業拡大に伴い、利用するか否かを決定すればよいでしょう。

6:仲介や独自依頼が円滑か

あなただけのオリジナル商品を作る為の(OEM・ODM)発注はもちろん、中国視察ツアーなど、独自依頼が円滑にいきやすいか?これも大事になってきます。

結局は、人なので、丁寧且つ円滑に依頼をしてくれるか?をチェックしましょう。

積極的に交流会を開催してくれる輸入代行のCEO(最高責任者)もいるので、まず、実際に会ってみるのもよいですね!

7:トラブル時の対応

個人で買い付けた場合は、トラブルにはあなたが対応しなくてはいけないですが、代行会社がトラブルの解決、返金・返品対応もしてくれます。

なので、トラブルのことを考えると代行会社を利用するメリットは絶大に大きいです。

黒川 亮黒川 亮

OEM・ODMについての詳しい内容をコチラの記事でご紹介しているので、よろしければご覧ください^^

結局どこの輸入代行会社がおススメなの?

ここまで客観的に、選ぶポイントなどをお伝えしてきましたが、次に、主観的に意見を述べさせていただきます。

実際に代行業者を利用して、輸入しアマゾンに販売すると、評判を重視していれば、どこもサービスには大きな差を感じないのが、本音です。

今回は、その点も踏まえて、おすすめの選び方をお伝えしていこうと思っています。

黒川 亮黒川 亮

これからお伝えするおすすめの選び方を参考にして、ぜひ行動してみてください!

まずは、評判の高い業者を2~3社選んで使ってみる

先程の比較サイトを用いて、なるべく評判の高い代行業者を2~3社選んで利用してみてください。

いつまでも決められなくてうじうじしても仕方ありません。

「百聞は一見にしかず」という言葉があるように、口コミばかり検索して、調べても、やはり本質的なことはわからないわけです。

輸入代行業者の社長とお会いして、仲良くなること。

アマゾンの中国輸入をする時に、代行業者の存在が見れないって怖いですよね。

ですが、そこには経営をしている社長がいることを忘れてはなりません。

中国と日本の販売者をつなぐのは、紛れもなく代行業者です。

FBA直送をする時は、中国再度の検品作業がとても重要になってきますが、代行業者の社長さんと仲良くなっておくと、お願いなどがしやすくなったりします。

繋がるコツとしては、Facebookを利用するか、物販交流会に参加をするのがお勧めです。

黒川 亮黒川 亮

個人的に御相談いただければ、私が近しい代行業者をお教えしますね♪

自分が支持している物販プレイヤーの真似をする

客観的にデータをそろえて、代行業者を利用したとしても思い通りにいかない時があります。

これは、芸能界や出版業界もそうなのですが、著名人や成功者について行ったほうが、

「○○さんの紹介なら仕方ない」

と言ってもらえて、大切にしてもらえるようになります。

なので、自分が指導を受けて、尊敬しているコンサルタントや物販プレイヤーと同じ代行業者を使うのも一つの手です。

むしろこの方法は、自分で探すよりもうまくいきます

近年、中国輸入代行業者が増えていて、このような繋がりが重要視されているので、付き合い方がとても大切になってきます。

まとめ

今回は、中国輸入代行業者の選び方について、ご紹介してきましたが、いかがでしたか?

代行業者を選ぶ際には、客観性主観性が大事になってくると思っています。

評判や口コミも大事ですが、代行業者の社長さんと直接交流してみたり、あなたが支持する成功者の真似をすることがポイントです^^

黒川 亮黒川 亮

今回の記事でお話したポイントを抑えれば、良い代行業者を見つけることができるはずです!また中国輸入で結果を出し続けるための情報をメルマガで配信しているので、よろしければコチラから登録してください^^

またコチラの記事では、Excelで売上を管理する方法をご紹介しているので、よろしければご覧ください^^

黒川のコンサルが気になるあなたに...

オンライン面談のお知らせ


10個の有料級特典が貰える海外輸入ビジネス講座に参加する!

特典の受け取りは、LINEなので
お忘れなくご登録ください!

月3名限定!大人気の中国輸入ビジネスのコンサルティング詳細はこちら!

ネットショップで年商1億円を目指すあなたへ!